読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米猫飼いの読書記録

当面は今まで読んだ漫画、本と参考書の読書記録を書き連ねます。

結婚をする相手を選ぶには?

世界観がいい 漫画 恋愛

金の国水の国 岩本ナオ

こんな人におすすめ

・世界観がしっかりした作品が好きな人
・純愛ものが好きな人
・結ばれるまでの過程を読むのが好きな人

こんな人にはあまりおすすめできないかも…

・少しギャグが挟まれるのですが、少女漫画のギャグといった感じなので、そういったものが苦手な人は少しきついかも…(私はテーマ、キャラはドンピシャに好きでなのですが、その少女漫画のギャグ表現が少し苦手でした)

あらすじ

むかしむかし、隣り合う仲の悪い国がありました。毎日くだらないことでいがみ合う2ヶ国に神様がいいました。
「こちらの国は、この国で一番賢い男を婿として出しなさい。」
「もう一つの国は、国の中で一番美しい娘を嫁として出しなさい。」 2ヶ国は神様が言う通り、それぞれ若者を隣国へ送り出しますが……

読了感想

こちらは『このマンガがすごい!2017』の女性部門第一位の作品です。
そんなことは全く知らず、ネット広告を見て気になって購入しました。
ネット広告の煽りは、いがみ合う国の二人の恋の行方は…?といったものだったと思いますが、確かにあってはいるのですが、いがみ合う2国間の禁断の愛といった話にクローズアップされているわけではありません。またいがみ合う二国ということで緊迫した話が続くことを想像された方もいるかもしれませんが、思ったよりもほのぼのとしているため、シリアスシーンが多い漫画が苦手な方でも楽しめるかと思います。
タイトルにした質問は、作中でA国の姫であるサーラ(ヒロイン)の姉が、B国の青年ナランバヤル(主人公)に尋ねた言葉です。ナランバヤルは少し悩んだ末に、自分の親兄弟かそれ以上に自分を大切にしてくれる人、例えばお茶会で最後に残ったビスケットを譲ってくれるような人といいます。その例えがとても好きで、この作品も一気に好きになりました。
当初ナランバヤルもサーラもお互いのことを意識していませんでした。それぞれが意識し、好きになる過程は実際に読んでいただくとして、その違いが男性と女性の恋の落ち方の違いを表していて面白いですし、特にサーラの恋を自覚した瞬間が可愛くて、胸がときめきました。
良い恋愛漫画を読むと必ず、自分の周りの人を大切にしよう、特に恋人にはたくさんありがとうと大好きを伝えようと思うのですが、この作品もそう思わせてくれる作品でした。このマンガがすごい関係なく、良い作品なのでおすすめです。

余談

たまに今回のように出てきた広告に惹かれて漫画を読んだり買うことがあります。
でも大抵広告で見た印象と実際に読んだ印象が全然違うことが多いです。クリックしてもらえるようにわざと印象的なシーンを選ぶと聞きますが…その作品の良さを殺してしまっているような印象もあります。
興味を持ってもらうきっかけとしてはいいのかもしれないけれど…、やっぱり作品を紹介する広告としてはちゃんとその作品の良さも紹介してほしいなと思っています。
と、言いながらこの先もきっと広告に惹かれて読むことがあるんだろうなと思います。
他にも最近広告で見て気になって読んだ漫画があるので、紹介できたらいいなと思っています。

こんな本もオススメ

同じく世界観がしっかりした恋愛漫画を書かれる作者さんの短編集です。

hasedera123.hatenablog.com

珍しいストレッチ漫画

女の子が可愛い 珍しいテーマ 雑学系漫画

ストレッチ アキリ

こんな人におすすめ

・可愛い女の子が出てくる漫画が好きな人
・料理漫画など雑学が身につく漫画が好き
・最近体が痛いのでストレッチがしたい人
・完結しているので(全4巻)、軽く読みたい方にもおすすめ

こんな人にはオススメできないかも…

・震災(311)を思わせる描写があるので、創作物でも読むと辛くなる人はやめておいたほうがいいかも…

あらすじ

女子大生と会社員の2人がルームシェアをしながら、暮らしていくお話。
毎日の仕事で疲れた会社員、慧子に、ある日医学生の蘭はストレッチをすることを持ちかける。
ストレッチをしながら体も心もほぐしていく2人。

読了感想

最初は表紙買いをしたのですが、思っていた以上にストーリーも好みでした。
表紙画像を見ていただけば分かると思いますが、女の子が可愛くて和みます。また肉感などがリアルで(主に登場する2人だけ比べてみても、体型が違うことがよく分かります。蘭の方が少しムチムチしています)、そのためストレッチをしている場面も大変分かりやすいです。
私はこの手の大きなエピソードがあるわけではなく、日常を切り出したような漫画が好きなのですが、とくに凝ったストーリー漫画が好きな方は敬遠される傾向にあると思います。
でも日常を描くからこそ、細かいところにそのキャラの性格が現れていたり、感情移入ができて面白いと思います。あと私は、こっそり誰かの日常をのぞいているような、そんな感覚が好きです。
ストレッチでは、蘭と慧子がそれぞれ生活をしている話もあります。それを読んでいると、蘭は明るく、悩みもないように描かれているのですが、実は蘭にも泣きたくなるような悲しい過去があり、蘭はその姿を先輩である慧子には見せます。慧子も一見するとしっかり者の仕事ができるキャリアウーマンですが、彼女にも熱があるときに悪夢で見るような辛い過去があります。
ルームシェアをする中で、ストレッチをする中で、お互いの弱いところをさらけ出して、前向きに生きていく2人の姿は見ていて元気がもらえますし、読んだ後にはほっこりした気持ちにさせてくれます。

余談

元々腰痛もちなんですが、最近また腰が痛くなり始めて、ストレッチでもするか~と思った時、この作品を思い出し読み返しました。
感想にも書いた通り、色々なストレッチがかなり分かりやすく載せられています。巻末にある参考図書を見ると、丁寧にストレッチをする描写が描かれているように感じます。
媒体が漫画なので、参考にしてストレッチをするにはかなりやりにくいのですが… 腰痛を治すためにもやってみようかなと思いました。

こんな本もオススメ

記事数が増えたら、こちらに他の記事をリンクします…

私の思う究極のおねしょた

漫画 年下×年上

森薫拾遺集 森薫

こんな人におすすめ

森薫作品が好きな人
・メイドが好きな人
・綺麗なお姉さんが好きな人
・おねしょたが好きな人

あらすじ

タイトルの通り、拾遺集なので短編が複数入っております。それぞれあらすじを簡単に書きますと、
・ハイテンションメイドのお話し
・メガネにまつわる青春話(表紙真ん中の女の子が主人公)
・バニーガールのお話し、お尻が素晴らしい(表紙右側の女性の話)
・制服がぶかぶかだとかわいいという新境地にたどり着ける話
・水着の話、肉感が絶妙
・辛辣可愛いメイドさんのお話し、2本
・フェローズ(雑誌の名前)にまつわるお話し、2本
・おねしょたなメイド話(表紙に一番大きく描かれているのがそのメイドさんです) ←
・少し薄暗い感じの女子高生2人のお話し
矢印を付けたお話しが今回のタイトルにもしたお話しで、この拾遺集の中で一番気に入っているものです。
そのほか書店特典やおまけ漫画が収録されているので、森薫さんの作品が好きな方は絶対買って損はしないと思います。個人的に森薫さんの作品の中でも、特におすすめです。

読了感想

すべての作品について書きたいのですが、長くなりそうなので…… ネタバレをしない程度に全体を読み終わった時の感想と、一番好きなおねしょたなお話し、「モードリン・ベイカー」について書こうと思います。
読了後思ったのは、すごいボリュームだなということ。ページ数も多めですが、それ以上に中身が詰まっています。森薫さんの作品を読んだことがある方なら御存知かと思いますが、いつも巻末に2,3ページのおまけ漫画がありますよね。森さんのこだわりが詰まっていて、小回りが小さいこともあって、ページ数のわりにとてもボリュームを感じるおまけ漫画なのですが、そんなおまけ漫画がおよそ2、30ページほど収録されています。
作品の裏話や細かい設定、またこだわりも読めて満足感があります。
さて、中でも私の好きな「モードリン・ベイカー」ですが、タイトルのまま、モードリンというメイドさんが主人公です。このメイドさんとお坊ちゃまのやりとり5ページほどがこの作品なのですが、おねしょた好きな私の心に突き刺さりました。表紙の絵を見て頂ければ分かると思いますが、まさに綺麗なお姉さんといった感じのモードリンと、少しツンツンとした思春期の少年のやりとりが微笑ましいですし、モードリンが少し鈍いところもいいです。
個人的に垂れ目の女性が好きというのもありますが、自分の理想の女性が年下に慕われているという構図がたまらなくて、つい何度も読み返すお話しです。

余談

書評ブログを始めようと思い、まずは何から書こう、と考えた時、この作品が思い浮かびました。書くなら読み返したいけど、長編作品は読むのに時間がかかるし、でもどうせなら特に好きな作品にしたいしと思い、短編集としてみました。
昔からおねしょたというか、年下の男性と年上の女性の構図が好きで(この性癖はめぞん一刻のせいです、これもまた今度書評書きます)、そんな中でもこの拾遺集に収録されている「モードリン・ベイカー」は理想の形です。森薫作品を読んだことがない人でも、もしおねしょたが好きな方がいましたら、素晴らしいおねしょたなのでぜひこの作品から森薫さんの世界に入っていって頂けたらといいと思います。

ほかにこんな作品もオススメです

ブログの記事が増えたら、ここにリンクを貼ります……

このブログについて

※このページは加筆修正されます。
最終更新日: 17/02/26

このブログについて

今まで読んだ漫画、本、参考書の読書記録ブログです。
人に勧めたのになかなか読んでもらえなかったあの本や、誰もが知っているような名作など、とくにジャンルは決めずに、本に漫画に、時には雑誌についても感想を書き連ねていこうと思います。
特徴といたしましては、自分で読んでみて、どんな人に勧めたいかを書こうと思いますので、参考にして頂けたらと思います。
もちろん、逆にこの本が好きならこれもオススメだよ、というのも大歓迎ですので、ぜひコメントに残して頂けたらと思います。

紹介する本の傾向

寂れた農村で起きる因縁や因習が渦巻く殺人事件、といった感じのものが好きです。また変質的な愛情を注ぐような人物が登場する本も好きです。
ジャンル: ミステリー
作者(順不同、敬称略): 江戸川乱歩横溝正史

漫画

周りにも漫画が好きが多いため、ジャンル問わず読みます。が、好きなのはほんと違ってあまりに頭を使わずに読めるほのぼのとした優しい気持ちになる漫画です。
世界観がしっかりしているものが特に好きです。
作者: 森薫高橋留美子、入江亜紀

参考書

職業がSEのため、プログラム関係の本を読んでいます。
JavaJavaScriptあたりが多めです。pythonの勉強を始めたいので、pythonの参考書も買う予定。