読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米猫飼いの読書記録

当面は今まで読んだ漫画、本と参考書の読書記録を書き連ねます。

私の思う究極のおねしょた

森薫拾遺集 森薫

こんな人におすすめ

森薫作品が好きな人
・メイドが好きな人
・綺麗なお姉さんが好きな人
・おねしょたが好きな人

あらすじ

タイトルの通り、拾遺集なので短編が複数入っております。それぞれあらすじを簡単に書きますと、
・ハイテンションメイドのお話し
・メガネにまつわる青春話(表紙真ん中の女の子が主人公)
・バニーガールのお話し、お尻が素晴らしい(表紙右側の女性の話)
・制服がぶかぶかだとかわいいという新境地にたどり着ける話
・水着の話、肉感が絶妙
・辛辣可愛いメイドさんのお話し、2本
・フェローズ(雑誌の名前)にまつわるお話し、2本
・おねしょたなメイド話(表紙に一番大きく描かれているのがそのメイドさんです) ←
・少し薄暗い感じの女子高生2人のお話し
矢印を付けたお話しが今回のタイトルにもしたお話しで、この拾遺集の中で一番気に入っているものです。
そのほか書店特典やおまけ漫画が収録されているので、森薫さんの作品が好きな方は絶対買って損はしないと思います。個人的に森薫さんの作品の中でも、特におすすめです。

読了感想

すべての作品について書きたいのですが、長くなりそうなので…… ネタバレをしない程度に全体を読み終わった時の感想と、一番好きなおねしょたなお話し、「モードリン・ベイカー」について書こうと思います。
読了後思ったのは、すごいボリュームだなということ。ページ数も多めですが、それ以上に中身が詰まっています。森薫さんの作品を読んだことがある方なら御存知かと思いますが、いつも巻末に2,3ページのおまけ漫画がありますよね。森さんのこだわりが詰まっていて、小回りが小さいこともあって、ページ数のわりにとてもボリュームを感じるおまけ漫画なのですが、そんなおまけ漫画がおよそ2、30ページほど収録されています。
作品の裏話や細かい設定、またこだわりも読めて満足感があります。
さて、中でも私の好きな「モードリン・ベイカー」ですが、タイトルのまま、モードリンというメイドさんが主人公です。このメイドさんとお坊ちゃまのやりとり5ページほどがこの作品なのですが、おねしょた好きな私の心に突き刺さりました。表紙の絵を見て頂ければ分かると思いますが、まさに綺麗なお姉さんといった感じのモードリンと、少しツンツンとした思春期の少年のやりとりが微笑ましいですし、モードリンが少し鈍いところもいいです。
個人的に垂れ目の女性が好きというのもありますが、自分の理想の女性が年下に慕われているという構図がたまらなくて、つい何度も読み返すお話しです。

余談

書評ブログを始めようと思い、まずは何から書こう、と考えた時、この作品が思い浮かびました。書くなら読み返したいけど、長編作品は読むのに時間がかかるし、でもどうせなら特に好きな作品にしたいしと思い、短編集としてみました。
昔からおねしょたというか、年下の男性と年上の女性の構図が好きで(この性癖はめぞん一刻のせいです、これもまた今度書評書きます)、そんな中でもこの拾遺集に収録されている「モードリン・ベイカー」は理想の形です。森薫作品を読んだことがない人でも、もしおねしょたが好きな方がいましたら、素晴らしいおねしょたなのでぜひこの作品から森薫さんの世界に入っていって頂けたらといいと思います。

ほかにこんな作品もオススメです

ブログの記事が増えたら、ここにリンクを貼ります……